弁護士費用の種類

弁護士費用には、法律相談料・着手金・報酬金・手数料・実費・日当などがあります。

法律相談料 ご相談の際にいただく費用になります。
着手金 事件のご依頼を受けた際にいただく費用になります。
報酬金 ご依頼を受けた事件が終了した際に、事件処理の成功度に応じていただく費用になります。
手数料 内容証明郵便の作成、遺言書の作成などのご依頼を受けた際にいただく費用になります。
実費 交通費、通信費、裁判所等に支払う手数料など、ご依頼を受けた事件の処理に必要な費用になります。
日当 弁護士が、ご依頼を受けた事件の事務処理のために事務所所在地を離れて、移動によって、ご依頼を受けた事件等のために拘束された際の対価としていただく費用になります。
  • ※ご依頼者様の経済状況等により、法テラスの利用や、弁護士費用の分割払いのご相談にも柔軟に対応させていただきます。
  • ※以下の弁護士費用は、すべて消費税抜きでの表示になります。
気になる分野の弁護士費用を選択してください。

法律相談料

初回相談

原則 全ての分野につき無料(45分)
例外 弁護士費用特約などにより、ご相談者様に直接のご負担が生じない場合には、上記の特約の範囲内で相談料をいただく場合があります。

継続相談

原則 全ての分野につき5,000円(1時間以内程度)
例外 初回相談の内容により、次回以降のご相談も無料とさせていただく場合があります。

 

交通事故(示談交渉・訴訟)

弁護士費用特約がない場合

着手金

着手金はいただきません。

※1 物損のみ、相手方が任意保険未加入の場合等は本基準によらない場合があります。

報酬金
受任時に相手方(保険会社含む)から
賠償金額の提示がない場合
経済的利益の額の10%+20万円  ※2
訴訟を行った場合は1審級ごとに10万円を加算
受任時に相手方(保険会社含む)から
賠償金額の提示がある場合
経済的利益の額の20%+20万円 ※3
訴訟を行った場合は1審級ごとに10万円を加算

※2 経済的利益の額は、相手方(保険会社含む)から実際に支払われた金額とします。

※3 経済的利益の額は、相手方(保険会社含む)から実際に支払われた金額と、受任前の相手方(保険会社含む)からの提示額の「差額」とします。

弁護士費用特約がある場合(通常の場合)

着手金
経済的利益の額が125万円以下 10万円
300万円以下 経済的利益の額の8%
300万円を超え3,000万円以下 経済的利益の額の5%+9万円
3,000万円を超え3億円以下 経済的利益の額の3%+69万円
3億円を超える場合 経済的利益の額の2%+369万円
報酬金
経済的利益の額が300万円以下 経済的利益の額の16%
300万円を超え3,000万円以下 経済的利益の額の10%+18万円
3,000万円を超え3億円以下 経済的利益の額の6%+138万円
3億円を超える場合 経済的利益の額の4%+738万円

弁護士特約がある場合の着手金・報酬金は、原則として日弁連リーガル・アクセス・センター(LAC)の基準によります。

例外的に物損のみの事件については最低報酬を10万円以上とします。

弁護士費用特約がある場合(時間報酬制の場合)

時間報酬
1時間当たり 2万円

時間報酬制は、特に委任契約で定めた場合に限って適用します。ただし、時間報酬制による場合は、着手金・報酬金は発生しません。

離婚・男女問題の弁護士費用

調停事件

着手金 20万円~
報酬金 20万円~

訴訟事件

着手金 30万円~
報酬金 30万円~
  • ・事案によって異なりますので、詳しくは弁護士にお尋ねください。
  • ・慰謝料請求、財産分与など、金銭等の財産も請求する場合は、上記の金額に別途加算させていただきます。詳しくは弁護士にお尋ねください。

遺言・相続の弁護士費用

遺言作成

定型 10万円~20万円
非定型 20万円~
  • ・事案によって異なりますので、詳しくは弁護士にお尋ねください。
  • ・公正証書にする場合は、別途3万円を加算させていただきます。

遺言執行

遺言執行 30万円~
  • ・事案によって異なりますので、詳しくは弁護士にお尋ねください。

相続事件

法定相続分の額などによって異なりますので、弁護士にお尋ねください。

借金問題の弁護士費用

任意整理

着手金 1社あたり2万円
報酬金 借金等の減額分の10%+回収した過払金の額の20%
  • ・着手金の最低額は10万円です。

個人再生申立

着手金 30万円~
報酬金 原則として、いただきません。
  • ・事案によって異なりますので、詳しくは弁護士にお尋ねください。
 

破産申立(個人)

着手金 20万円~
報酬金 原則として、いただきません。
  • ・事案によって異なりますので、詳しくは弁護士にお尋ねください。
  • ・分割払いには柔軟に対応いたします。
  • ・別途、予納金が必要になります。
 

破産申立(法人)

着手金 50万円~
報酬金 原則として、いただきません。
  • ・事案によって異なりますので、詳しくは弁護士にお尋ねください。
  • ・別途、予納金が必要になります。
 

その他の倒産処理手続

事案によって異なりますので、弁護士にお尋ねください。

 

一般的な民事事件の弁護士費用

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の場合 8% 16%
300万円を超え、3,000万円以下の場合 5%+9万円 10%+18万円
3,000万円を超え、3億円以下の場合 3%+69万円 6%+138万円
3億円を超える場合 2%+369万円 4%+738万円
  • ・着手金の最低額は10万円です。
  • ・上記は訴訟を行う場合の基準になります。交渉や調停を行う場合の費用の詳細は、弁護士にお尋ねください。

成年後見などの弁護士費用

成年後見等の申立

着手金 15万円
報酬金 原則として、いただきません。
  • ・事案によっては、加算させていただくことがあります。
  • ・鑑定費用等の実費が、別途5万円程度かかることがあります。
 

刑事事件・犯罪被害者支援の弁護士費用

刑事事件

事件の性質などによって異なりますので、弁護士にお尋ねください。

犯罪被害者支援

活動内容などによって異なりますので、弁護士にお尋ねください。

顧問契約の弁護士費用

事業者の方

顧問料 月額3万円~

非事業者の方

顧問料 年額6万円(月額5,000円)~
  • ・顧問契約の内容や、顧問料の詳細については、弁護士にお尋ねください。

中小企業法務の弁護士費用

契約書の作成

定型 10万円~
非定型 20万円~
  • ・契約内容などによって異なりますので、詳しくは弁護士にお尋ねください。

契約書のチェック

定型 5万円~
非定型 10万円~
  • ・契約内容などによって異なりますので、詳しくは弁護士にお尋ねください。

その他の弁護士費用

ご依頼の内容によって異なりますので、まずはご相談ください。

相談予約・お問い合わせ

丸野法律事務所は、交通事故の被害者をはじめ、お悩みやご不安を抱えた方々が穏やかな日常生活を取り戻すためのお手伝いをするために、
岡山市北区富田町で立ち上がりました。今まで多くの皆さまからご相談やご依頼をいただき、高い満足度を維持させていただいております。
解決実績が豊富なだけではなく、丁寧できめ細やかな対応も心がけておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。
ご相談は、皆さまと直接お会いして、じっくり時間をとってお聞きしたいので、事前にご予約をお取りいただくようにお願いしております。

ご相談からご契約終了までの流れ

相談予約

まず、お電話か
メールで
ご予約ください。

法律相談

ご予約の日時に
事務所まで
お越しください。

委任契約の締結

ご依頼を希望される
方には委任契約を
締結していただきます。

交渉・裁判など

契約内容に沿った
法律業務を行います。

委任契約終了

事件の解決により
契約は終了します。

このサイトを広める